2019年度の入賞作品が決定しました!
今年で結婚30年。感謝を込めて、初めての作曲に挑戦したい。 父の大切にしていたカメラで、故郷の景色を残し続けたい。 趣味の陶芸で、夫婦おそろいの湯呑みを作りたい。 一生に一度の、娘の成人式。振袖は私の手で着せてあげたい。
【最新情報】
  • 2020年2月20日
    2月24日(月)14時〜15時ニッポン放送にて「三菱UFJ信託銀行presents 『ネクストチャレンジ』アワード」が放送決定!
    全入賞作品から上柳昌彦アナウンサーが選定した5作品を朗読します。お楽しみに!
  • 2020年2月20日
    2019年度の入賞作品が決定しました!
  • 2019年11月1日
    「ネクストチャレンジ2019」の募集を終了しました。
    入賞者については、2020年2月に当社ホームページ等で発表予定です。
  • 2019年8月1日
    「ネクストチャレンジ2019」の応募を開始しました。
  • 2019年2月19日
    2月24日(日)20時〜21時ニッポン放送にて「三菱UFJ信託銀行presents 『ネクストチャレンジ』アワード」が放送決定!
    全入賞作品から上柳昌彦アナウンサーが選定した6作品を朗読します。是非、お聴きください!
  • 2019年1月18日
    【ご回答のうえ来店いただいた方全員にプレゼント!】アンケートを開始しました。
  • 2019年1月18日
    2018年度の入賞作品が決定しました!
  • 2018年11月1日
    「ネクストチャレンジ2018」の募集を終了しました。入賞者の発表は1月下旬に当社ホームページ等で発表します。
  • 2018年7月23日
    「ネクストチャレンジ2018」の募集を開始しました。
2019年度入賞作品発表!NEXT Challenge AWARD

たくさんのご応募、ありがとうございました。

人生100年時代の新しい挑戦を募る「NEXT Challenge」。
第二回を迎えた今回も数多くの方にご参加いただき、
文章を通して大切な方への想いが伝わってくるような
すばらしい挑戦の数々が集まりました。

これからも、三菱UFJ信託銀行は、
お客さまの想いを実現するお手伝いをさせていただきます。
今後とも末長いお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。

ベストチャレンジ賞(最優秀作品) 3名さま

ベストチャレンジ賞

祖母をタイムマシンに乗せてあげたい

東京都 青木 康輔様 16歳

僕は科学者ではなく、ただの高校生だ。そんな僕が、祖母をタイムマシンに乗せて、祖母が育ってきた頃の風景を見せてあげたいと考えている。
祖母の話はとても面白い。特に昔語りは戦後の苦しい生活の中で、たくましく生きる家族の様子がまるで映画を観ているように浮かんでくる。多摩川のほとりの、窓ガラスさえない、閉めると玄関が分からなくなる家。貧しくとも見栄を張りたい曾祖父。一家を支え看護士をしていた曾祖母。全てが物哀しく、それでいてどこか笑ってしまうような話だ。当時の写真はほぼ残っておらず、高級住宅地へと変わってしまった今の二子玉川を見ると幼い頃が幻だったような気がするという。
僕は小説なんて書いたことはないが、祖母のために、これまで聞いた話で、短い物語を書こうと思う。上手には書けなくとも、それを読んだ祖母がタイムマシンに乗ってあの頃を見ることができたら本当に嬉しい。

審査員からの言葉
内館先生

読みながら、こんな孫を持つ祖母はどんなに嬉しく、どんなに幸せかと思いました。タイムマシンというファンタジーでありながら、かつての二子玉川のようすや戦後の貧しさ、逞しく生きた家族にも触れ、みごとな完成度になっています。文章もあたたかく、文句なしのベストチャレンジ賞。お祖母ちゃんをタイムマシンに乗せるときはつき添ってね。(内館)

鎌田先生

おばあちゃんへの温かな想いが伝わってくる文章です。書き出しに、祖母をタイムマシンに乗せるという夢が書かれていますが、最後にそのタネ明かしがされ、ひねりが効いて、愛情あふれる、素晴らしい作品です。おばあちゃんのために小説を書いてみて下さい。誰かのためにチャレンジしたことが、きっと自分のためになると、ぼくは信じています。(鎌田)

ベストチャレンジ賞

娘が20歳を迎えたとき、21枚の手紙を贈りたい

神奈川県 二見 あすか様 31歳

娘は今11ヶ月です。つたい歩きを覚え、表情も日に日に豊かになってきて、その成長の早さに驚かされる毎日です。そんな娘への最初の手紙は、娘が生まれたその日に書きました。ようやく会えた喜びに涙が止まらなかったこと、これからしっかり見つめあって笑いあって過ごしていきたいこと、不安と期待が入り混じった母の素直な気持ちを手紙に綴りました。その時その時の娘への新鮮な気持ちを残せるよう、これからも毎年娘の誕生日に手紙を書くことを決めました。20歳の誕生日まで続けたら全部で21枚。成人となり、新たな人生の門出に立つ娘に、20年間の愛情を込めて、21枚の手紙を贈りたいと思います。もうすぐ1歳。今年はどんな言葉を贈ろうか、すやすやと眠る娘の寝顔を見ながら考えています。いつかその手を離さなきゃいけない日がくるまで、お母さん、しっかり手を繋いでいるからね。あなたの人生が素晴らしいものになるように。

審査員からの言葉
内館先生

これも文句なしの受賞です。お父さんとお母さんに会うためにやってきた娘へのいとしさが、行間にもあふれています。人が何かにチャレンジするということは、決して金銭ではなく、いかに対象を愛しているかだと、改めて思わされます。21枚の手紙を受け取った20歳の娘さんは、「私もお母さんのような母親になろう」と必ず思うでしょう。(内館)

鎌田先生

拍手。拍手。いいなあと思いました。抱きしめられ、愛されて育った子は、自己肯定感が強く、早く自立すると言われています。たくさん抱きしめて、愛し、そして、毎年素敵な手紙を書いてあげてください。20年後、21通の手紙が、娘さんのその後の人生に大きなパワーを与えることでしょう。母と娘がともに幸せになる、素敵なチャレンジです。(鎌田)

ベストチャレンジ賞

君がいてこそ仲間

大阪府 西田 金吾様 70歳

私たち団塊の世代も認知症の仲間入りをする年になってきた。ところが、仲間の一人が早くも59歳で若年性認知症になり家に閉じこもりがちになった。打ちひしがれた彼を仲間でハイキングやジョギングに誘い出した。初めのうちは症状を忘れるほど進行は穏やかだった。ところが徐々に山道を平気で逸れて歩き、走ってもコースをよく外すようになった。穏やかに思えた病気が徐々に進行していくのは止めようがなかった。ハイキングやジョギングがウォーキングに変わったが、彼は青空を眺めては気持ちいいなあ、草花を見ては奇麗だなあと感動する。彼は仲間が忘れかけていた心をずっと持ち続けている。「仲間ってええもんやなあ」と彼がつぶやいたが、それは彼だけでなく仲間共通の思いだった。約束なんか忘れてもいい、君がいてこそ仲間なんだから。これからもずっと君を仲間で支えていこうと思う。

審査員からの言葉
内館先生

これも文句なしの受賞です。私自身も団塊の世代ですが、激しい競争社会を生き抜いてきた人たちであればこその優しさ、深さが心にしみます。これまでずっと戦い続けてきた世代が、草花や青空を見て素直に喜び、感嘆する。そんな仲間によって自分も嬉しくさせられ、ずっと一緒だよと思う。お互いに寄り合い、補いあって生きる幸せがにじみます。(内館)

鎌田先生

認知症になると、本人も家族も自信をなくし、出不精になりがちです。しかし認知症の進行を少しでも遅くするには、外に出ること、いい人間関係があることが大切。「仲間っていいもんやなあ」という認知症の方のつぶやきに感動。支えたり、支えられたり、教えたり、教えられたりしながら、人間は生きていくのです。温かい仲間、すばらしい。(鎌田)

チャレンジ賞(優秀作品) 5名さま

※タイトルをクリックすると作品が表示されます。

チャレンジ賞

母に「大阪パーティー」をしてあげたい。

愛知県 かえる様 62歳

チャレンジ賞

西おさんより上手な
かやぶきしょく人になっておどろかせたい

京都府 青田 陽生 8歳

チャレンジ賞

大人になってからだって
ピアノは弾けるはず

長野県 伊藤 美穂様 52歳

チャレンジ賞

京都検定に挑戦し
京都好きの亡き妻に合格証を見せたい

京都府 阪口 寿彦様 77歳

チャレンジ賞

『お地蔵さま作り』を通して学んだ
『大切な何か』

愛知県 森 遊子様 72歳

審査員特別賞 10名さま

※タイトルをクリックすると作品が表示されます。

内館牧子 特別賞

特別賞
父と一緒にホノルルマラソン完走!

東京都 石井 敦子様 30歳

特別賞
親孝行へのプレーボール。

東京都 染谷 真士様 34歳

特別賞
85歳までに気象予報士を目指す

三重県 冨山 清司様 78歳

特別賞
味の継承。

東京都 小野 恵三様 48歳

鎌田實 特別賞

特別賞
植木屋になる!

東京都 米光 恭子様 57歳

特別賞
みっつ目の挑戦

千葉県 菅原 惠子様 78歳

特別賞
逆転人生かな、妻に手料理を!

東京都 染谷 靖夫様 80歳

※入賞者のみなさまに関する記載情報は、応募時点のものになります。

審査員からのメッセージ

内館 牧子

撮影・富本真之

内館 牧子Makiko Uchidate

脚本家

今回の応募作は、チャレンジしたいことが非常に多岐にわたっており、「そうか、こういうこともできるか」と私自身の目がさめる思いでした。と同時に、チャレンジの最大の起爆剤は、家族や友人たちを想う心なのだと、再認識させられています。人は絶対に一人ぼっちではない。そう思わせる作品がとても目につきました。

鎌田 實

鎌田 實Minoru Kamata

医師・作家

人が生きる上で、チャレンジすることはとても大切。壁にぶつかっても、挑戦を意識した人は、人生を明るい方向へ変えて行く。今回の受賞者の目標の根底には、誰かのためにという思いがありました。素晴らしいことです。それぞれが、誰かのためにチャレンジすることで、令和の時代、明るく豊かになっていくと信じています。


ネクストチャレンジ事務局より

お客さまの想いに触れることの多い信託銀行。その想いを形にしていただくために、もっと私たちにできることはないだろうか……。そんな思いから始まったこの企画も、第二回を迎え、今回は、1,800通を超える応募をいただきました。大切な誰かのためなら、人はこんなにも優しく、そして前向きになれるのだと、ご応募作品を通して多くの驚きと感動をいただきました。たくさんのご応募、本当にありがとうございました。

NEXT Challengeとは?

人生100年と言われる時代に、毎日をさらに豊かに過ごしたい。
そんなあなたを応援するのが、三菱UFJ信託銀行の「NEXT Challenge」です。

この企画では、あなたが大切な人に伝えたいと思うような「新しい挑戦」を大募集。
日常がちょっと楽しくなるような小さな挑戦から、
いつかは実現したいと思っていた大きな挑戦まで、ぜひ私たちに教えてください。
あなたの輝く姿で、大切な誰かを笑顔にするために。
今こそ、新しい一歩を踏み出してみませんか?


昨年度に引き続き、
私たちが審査員を担当します。

撮影・富本真之
内館 牧子脚本家

文章力なんて関係ないんです。
心を打つのは、あなたの気合いです。

鎌田 實医師・作家

誰かのために生きる人生は美しい。
かっこいいエッセー期待しています。

審査員の詳しいプロフィールはから

募集要項2019年度の募集は終了しました。

募集内容

  • [タイトル]誰かのためにチャレンジしてみたいこと〔30字以内〕
  • [本文]その人のためにチャレンジしたい理由やエピソード〔200〜400字程度〕

応募方法

◆Webで:当ホームページ「今すぐ応募する(WEBエントリー)」ボタンからご応募いただけます。

◆店頭または郵送で:店頭の応募用紙(当ホームページ「応募用紙ダウンロード」ボタンからもご入手いただけます)または、市販の原稿用紙に上記2項目、氏名、ご住所、生年月日、お電話番号をご記入のうえ、当社店舗にお持ちいただくか、下記住所までご郵送ください。

〒100-8784 東京都千代田区丸の内1-4-5
三菱UFJ信託銀行「ネクストチャレンジ事務局」宛

募集期間

2019年8月1日(木)〜10月31日(木)※郵送の場合は消印有効

受賞作品発表

2020年2月予定当社ホームページ等で入賞者の作品と氏名を発表します。

特典

  • ベストチャレンジ賞ギフトカード30万円分贈呈3名さま
  • チャレンジ賞ギフトカード10万円分贈呈5名さま
  • 審査員特別賞ギフトカード 3万円分贈呈10名さま

入賞作品はコラム化して、当社ホームページに掲載予定です。

  • ※参加賞は応募用紙または応募用紙のコピー等応募が確認できるものを店舗にお持ちいただくことが条件となります。Webからの応募の場合は、応募完了時にお送りする応募完了メールをご提示ください。
  • *入賞者への特典は2020年2月中旬に応募用紙に記載のご住所に郵送いたします。
  • *入賞のご連絡等のため「ネクストチャレンジ」事務局より直接応募者ご本人さまに連絡させていただく場合があります。
  • *落選された方への通知はございません。
参加証[ご来店者限定]ご応募いただいた方にもれなくピーターラビットTMオリジナルグッズプレゼント!※2 お一人さま一回限りとなります。

応募に関するご注意事項

  • ・作品はアマチュアの方の自作未発表のものに限ります。
  • ・応募作品は返却いたしませんのでご注意ください。
  • ●著作権について
    • ・応募者は応募時点で応募作品の著作権が応募者に帰属していることを保証します。応募作品に関するすべての著作権は主催者に帰属いたします(著作権法27、28条に定める権利を含みます)。
    • ・主催者は、プロモーション等の目的で、当社ホームページ、新聞、雑誌の掲載、展示、出版、映像化(映画・テレビ・動画配信など)、放送、ネット配信などで応募作品を利用することがあります。事前のご確認はいたしかねますのでご了承ください。また、応募者は、応募作品について、主催者に対し、主催者が同意している場合を除き、著作者人格権を行使しないこととし、応募者自身が著作者でない場合には、著作者に著作者人格権を行使させないものとします。
  • ●著作権等・免責について
    • ・著作権、商標権侵害等の責任は負いかねます。応募に際しては、必ず関係者などの承諾および使用許可を得てください。応募者と関係者の間で何らかの紛争が生じた場合も、当社は一切の責任を負いかねます。
  • ●個人情報について
    • ・ご応募に際して主催者に提供された応募者および関係者の個人情報は、「ネクストチャレンジ」に関する発表や連絡、賞品の発送、応募作品の利用における応募者表示、及び金融商品等のご提案等に利用いたします。このため、業務委託会社に、業務委託を目的として、情報を開示する場合があります。主催者は応募者および関係者の個人情報の適正な管理に努め、慎重な取り扱いをいたします。

応募例

妻にサプライズでコンサートを開きたい。

半年前に、勤めていた会社を定年退職しました。退職後、妻とゆっくりとした時間を過ごす中で初めて知ったことがあります。それは、妻がいつからかクラシックに詳しくなっていたこと。若いころに私が集めたレコードを、家事の合間に聴いていたようです。そこで私が挑戦したいのが、妻へのサプライズコンサート。昔得意だったピアノをもう一度練習して、妻の好きな曲を目の前で弾いてみるつもりです。長い間、私を支え続けてくれた妻。小さなことですが、これがお返しの第一歩になればいいなと思います。

父のために、実家の庭に花を植える。

私の父は、数年前に怪我をして思うように歩けなくなってしまいました。もともと活発な人でしたが、怪我をしてからは「迷惑をかけたくないから」と、外に出ることに対しておっくうに……。私が小さい頃から、家族をいろんな場所へと連れて行き、たくさんの美しい景色を見せてくれた父。そんな父に、私も美しい景色をプレゼントしたい。そう思って、家にいても景色を楽しめるよう、実家の庭にたくさんの花を植えることに決めました。父がまた、私たちに遠慮せずに「外へ出かけよう」と言える、ひとつのきっかけになればいいなと思っています。

娘の成人式までに、着付けを完璧にする!

娘が来年、成人式を迎えます。その日を迎えると思うと、とても感慨深く、私を母として成長させてくれた娘に、何かできることはないかと考えるようになりました。そこで思いついたのが、着付けです。数年前に習っていたものの、忙しくて通い続けられず、途中でやめてしまっていました。この機会に再開し、完璧な着付けを身につけて、晴れの日の娘を着付けてあげたい。ちゃんと出来ないと、任せてすらもらえないでしょうから、頑張ります。私にとっての大切なチャレンジ、そして思い出に残る、親としてのひと区切りになるような気がしています。

健康第一!ラジオ体操に休まず参加する。

毎朝、近所の公園でラジオ体操をしています。小学生から私のような年配者まで、さまざまな人が集まります。あるとき体調を崩し、1週間程お休みをしました。回復して久しぶりに公園に行くと、顔なじみの小学2年生の男の子が駆け寄ってきて「大丈夫?元気?」と声をかけてきてくれたのです。その言葉に大変胸が温かくなりました。こんな風に心配してくれる子がいるのなら、今まで以上に健康に気をつけなければ。その日から、休まずラジオ体操に参加することが私の目標です。周りにパワーを与えられる、元気なおじいさんになろうと思います。

審査員

内館牧子
内館 牧子Makiko Uchidate
脚本家

秋田市生まれ。武蔵野美術大学卒業後、三菱重工業入社。13年半のOL生活を経て、1988年に脚本家デビュー。2006年、東北大学大学院文学研究科修了。主な作品は、ドラマ『エイジハラスメント』、小説『すぐ死ぬんだから』(講談社)、エッセイ『きれいの手口』(潮出版社)など。第1回橋田壽賀子賞、文化庁芸術作品賞など多数受賞。

鎌田實
鎌田 實Minoru Kamata
医師・作家

東京生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。45年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリとイラクの救援活動にも取り組む。2009年ベスト・ファーザーイエローリボン賞受賞。著書は、『がんばらない』をはじめ、『あきらめない』など。現在、諏訪中央病院名誉院長。日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)理事長、日本イラク医療支援ネットワーク(JIM−NET)代表。

ベストチャレンジ賞(最優秀作品) 3名さま

ベストチャレンジ賞

80歳迄にサックス昭和歌謡コンサートを1000回開催したい

宮城県 米澤 憲一様 71歳

4年前から主としてデイサービスで、人生の先輩の皆様向けのサックスによる昭和歌謡コンサートを実施しております。当初は司会兼歌手の友人と二人で、2年前からは私一人で活動しております。「自分の得意な曲ではなく、皆様の記憶にある懐しい曲を・・・」をモットーに、昭和歌謡を中心に選曲しております。そのためか皆様には大変喜んでいただき、例えば「星影のワルツ」では毎回必ず涙を流される方がいらっしゃいます。最近では私も「さあ皆さん、予めハンカチをご用意され、どうぞ存分にお泣き下さい」という冗談が言えるようになりました。嬉しいことに皆様のお喜びようは本当に「半端ない!」状態で、入室の際は「ワーッ」という拍手と歓声が上がりますし、退室の際は「ありがとうっ!」「また来てねっ!」というお声が掛かります。さらには「体に気をつけてねっ」というお言葉までいただき、逆にこちらが涙ぐみそうになってしまうことも多々あります。私は現在71歳ですが、演奏回数もこの10月迄に340回になりました。これからも皆様に喜んでいただけるよう健康には十分注意をして、最低でも80歳迄に1000コンサートを目標にがんばりたいと思います。○○デイサービスの皆さ〜ん!来週△曜日にお伺いしますので、楽しみにお待ち下さいね〜っ!

ベストチャレンジ賞

ピーマン育てるぞっ!

広島県 卜部 泰佳様 57歳

近くのマンションに住むアキちゃんは、私も私の娘も通った幼稚園の園児で毎朝我が家の前をお母さんに手を引かれて登園します。我が家には猫の額ほどの庭があり、老母をなごませようと近年ピーマンを鉢植えしておいています。初夏のある日、ピーマンが白い花を咲かせているのをアキちゃんが見つけました。「ピーマンさんにおはようって声をかけていたら、たくさんできるよ」と言うと、翌朝からこちらが赤面するほどの元気な声がご近所中に響き渡るようになりました。店頭にお行儀よく並んだピーマンしか見たことがないためか、アキちゃんは毎回目を輝かせてはさみで収穫、お母さんは「驚くほど野菜をよく食べるようになりました」と大感激され、老母にとっても新たな幸せを見つけたひと夏でした。来年はもっとたくさんのピーマンを上手に作ろうと、目の覚めるような秋空のもと、私は張り切って図書館に向かいました。

ベストチャレンジ賞

今後も、妻の弁当を作り続けて行きたい。

東京都 上出 好男様 65歳

職を辞し、妻の弁当を作り始め、33回となった。弁当の日は、株式市場を忘れ、弁当作りに専心する。弁当作りは、アートだ。自己の感性に従い、手持ちの材料から選び、色取りを考え、オカズに仕上げていく。オカズは「朱塗りの弁当箱」に盛付ける。妻が曽祖母から引継いだ木の弁当箱。それは、私のキャンバスである。黄色い玉子焼き、緑の小松菜、赤いミニトマト、紫のナスビ、オレンジ色のニンジンを絵の具にして、心に浮かぶ景色を描く。妻が蓋を開けると、「私の描いた景色」は、旋律を奏でだし、妻の「ワクワクとトキメキ」を呼び起こす。妻は、小さく賛美の声を上げ、「美味しい」と微笑みで応える。私は、少し照れながら、笑顔を返す。妻への弁当は、そんな瞬間と会話を紡いでくれる。私は、これまでの妻の労苦に感謝し、弁当を作り続けて行く。

チャレンジ賞(優秀作品) 5名さま

※タイトルをクリックすると作品が表示されます。

チャレンジ賞

96才で亡くなった母へ、
65才の大学受験

東京都 横山 洋子様 65歳

チャレンジ賞

お父さんに
感謝の気持ちを伝えたい。

神奈川県 高瀬 実宝様 15歳

チャレンジ賞

天ごくのじいじのために
しょうぎの大会で1ばんになりたい

愛知県 たじま ゆうた様 8歳

チャレンジ賞

茅葺き古民家のある田舎を守りたい

大阪府 横山 菜穂子様 60歳

チャレンジ賞

世界中の子どもたちと会話できるよう
手話を習いたい

東京都 渡辺 孝子様 63歳

審査員特別賞 10名さま

※タイトルをクリックすると作品が表示されます。

内館牧子 特別賞

特別賞
95歳の母の為に、実家の歴史を本にしたい。

神奈川県 中村 美弥子様 62歳

特別賞
難病に悩む親友の為にチャレンジ

福岡県 森 正次様 86歳

特別賞
大好きな父を温泉に連れていきたい

大阪府 MEGUMI様 25歳

鎌田實 特別賞

特別賞
核廃絶を託す次世代の為に

広島県 中村 富洋様 85歳

特別賞
チャレンジしたい事

愛知県 若山 智子様 45歳

特別賞
妻の六十年来の夢をかなえる

岡山県 板野 俊文様 69歳

※入賞者のみなさまに関する記載情報は、応募時点のものになります。

ネクストチャレンジ事務局より

「信託銀行として、もっと、みなさまの想いを形にするお手伝いがしたい」そんな気持ちから始まったこの企画。第一回のご応募数は、予想を遥かに超えた2,556件!数々の素晴らしい想いに触れることができました。入賞作品は限らせていただきましたが、事務局としては「すべてが最優秀賞!」と申し上げたいのが正直な気持ちです。想いを形にするための、みなさまの素敵な決意をお送りいただき、本当にありがとうございました。

ネクストチャレンジについてのお問い合わせは 通話料無料:0120-061-286(おもいつたえる) ご利用時間:平日9:00〜17:00(土・日・祝日等を除く)